TANTI BACI

i miei giorni con una macchina fotografica

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜月のおしまいの日



代替テキスト
Sony α7R
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art



11月最後の日、秋が終わる

「師走」という言葉で「冬が来た!」と感じ
年末にむけ慌ただしくなる

でも本当は
まだ秋が そこここに
名残惜しそうに残ってます


NINA
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

薄荷グリーン  

こんばんは!
わたしは秋というと、何だか知らない間に終わってしまってるイメージかな、着る服が中途半端で寒そうかなと思ってちょっと多めに着て出ると汗かいたり、そんなことを繰り返して、あまり悩まなくなったら冬になっていたと、通過点のような係わり合いのしかたかもしれないです。季節のなかでは一番短い、一瞬で移ろい行くような印象なので、名残の秋を見つけて写真を撮るのは撮り甲斐があるのかもしれません。この写真も移ろい行く感じで雰囲気が出ていると思います。これは紅葉?紅葉をこういう風に朧に撮るのって意外と他では見ないような気がします。紅葉は絢爛豪華さを競うようなのが主流になりがちですよね。あとは落ち葉とか。

で、師走はわたしは結構好きだったりします。なんか慌しいんだけど妙に浮き足立ってくるような気分で、ある種の高揚感のようなものが日を追うごとに大きくなって、こういうの嫌いじゃないです。もうすぐお正月!なんていう何か楽しそうなものが近づいてくるような雰囲気も大好き。お正月になってしまうと後はもう過ぎていくだけで日常に戻っていくつまらなさのほうが大きくなるから、やっぱり雰囲気は師走のほうが好きです。

2016/12/03 (Sat) 21:01 | EDIT | REPLY |   

NINA 27  

>薄荷グリーンさん

こんにちは^^ すいませんお返事遅くなりました(汗)

今年は9月の長雨・台風が痛かったですね 気持よい天気に誘われて
東京から離れてどこかに行く、ということをしなかったので(旅行を1度もしていない!)
街路樹の変化ぐらいしか見られませんでしたー ご近所の宝探しばっか (´Д⊂ヽ

これは紅葉ですが、公園の中の木。紅葉の進行度のバラツキが凄かった(笑)
ほとんど緑のもの・紅葉も終わってもう痛んでいるもの・まだ色づきの途中のもの
風景撮らない自分には これくらいの小さい秋が丁度いいです(でないと手に余る)。
彩度抑えて目に優しいものを・・・ギトギトは疲れる^^;

師走がお好きなんですね^^ 薄荷グリーンさん、すごい前向きだー
私はやり残したこと・やらなきゃいけないことの前でジタバタするばかり
そうですよね、前向きに楽しもう♪ ラストスパートですね!^^

2016/12/04 (Sun) 15:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 四季・秋 (quattro stagione - autunno)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。